コクリコのパソコン横着操作       4 5 6 7 8 9 番外

★ 簡単なキーボードからのショートカット  (1)★ CTRL編 1

” 右クリック →「コピー( もしくは CTRL + C )」”って書いたのがショートカットです。
キーボードからの操作で覚えておくと便利なので、基本的なのをいくつか…
あらかじめ適用する範囲をマウスか、Shift + 矢印キーで範囲指定しておいてからの操作になります。

まず基本中の基本は 『CTRL=コントロールキー』。一番下の左側かその1個右側ぐらいにあるはずです。

CTRL + C → コピー あらかじめコピー範囲をドラッグしておいてから同時に押すとコピーできます。

CTRL + V → それを張り付ける機能です。

CTRL + X → コピーは元を残してきますが、これは「切り取り」です。

これで右クリックで選択してたことは、左手だけでできるようになります。


次にWordなどのワープロソフトを使用時に…

CTRL + B → 太字

CTRL + I → 斜字 とくれば、

CTRL + U → アンダーラインになります。


さらに余すところなく、全部を選択するなら All とうことで、

CTRL + A → 全選択

操作を間違えて、一手戻したい時…

CTRL + Z → で一つ前のところに戻ります。
ソフトによっては、記憶している限り手戻りできますが、たいてい50手ぐらいまでしか戻りません。


ファイル操作としては、作業途中での保存忘れを防ぐために、

CTRL + S  で上書き保存ができます。

こまめに左手の小指と中指(薬指)で CTRL+S を癖にしておくと、ハングした時でも手戻りが楽です。

CTRL + O → でファイルのオープンができます。Wordなどでの「ファイル→開く」と同じ機能です。

CTRL + N → だとファイルの新規作成ができます。Wordなどでの「ファイル→新規作成」と同じです。


検索や置き換えもショートカットで簡単にできます。

CTRL + F → で検索ができます。これはMicrosoftのOfficeでの「検索」もそうですが、多くのブラウザでの検索も同じにできます。その場合は、上部にできたウインドウに検索文字を入れてください。

CTRL + H → は検索に加え文字の置き換えを行なうショートカットです。 
たとえば、「大」を「小」に置き換えたい時に使いますが、置き換え機能はソフト依存になります。


CTRL + P → は印刷になります。
印刷の設定のウインドウが開きますので、本当の印刷は「印刷ボタン」から行なってください。


簡単なキーボードからのショートカット(1)で紹介した「CTRL + Z」と対になるのが、
CTRL + Y → やりなおし/くりかえし操作になります。