#074 2015年6月 自転車を取り巻く環境の変化

 

自転車を取り巻く環境の変化 〜

あれ…、無灯火の自転車の話を書いたのはいつだっけな? と、古いかわら版を見てみたら、2010年の11月でした。
毎年歳をとるたびに、時間の流れが早くなっていくような… (笑)

でも年月が過ぎたからといって、やはりあの時にヒヤっとしたことは変わっていません。
いや、それ以上に自転車を取り巻く事情の方がこの5年間で変わってきたと思います。

一番目に挙げられる変化は、やはり「電動自転車」の普及ですね。
最初の売り出し方は、「坂道でも楽に登れる」というような宣伝だったように思いますが、最近はそれよりも(そして宣伝は前ほどではなくても)「子どもや荷物を載せて走るのに楽」であることや、ご高齢になられて体力の衰えで諦めていたのを、少ない力でもこぐことが出来るというのも、電動自転車の利点かもしれません。

もう一方では、低迷する経済環境と自然環境の保護という観点から、燃料費の掛からない移動手段として、自転車で遠出を楽しむ方も増えたように思います。
目的地までクルマで行き、現地で手軽にサイクリングを楽しんだり、あるいは細いタイヤの自転車でスポーツとして楽しんでおられる方も多く見かけるようになりました。

しかしあの無灯火の自転車を話題にした時より、マナーに関しては大幅に変化がしたようには思えません。むしろスマホの普及で、「(見ながら)(聴きながら)のながら運転」の方も増えたように思います。

これは去年の7月に書いた「屏奴」の話ともラップしてきますね。
と、思っていたらやはり…


道路交通法の改正…特に自転車!! 〜

無灯火の話の時にも書いた覚えがあるのですが、「自転車は法律上、『軽車両』に分類されるために、道路交通法によって法律的な制約のある乗り物です」ということでした。

その道路交通法の一部が改正になり、この6月1日から施行され、とりわけ自転車に関しての罰則が強化されました。
また、原付自転車や自動二輪の免許年齢が16歳なのに対して、それを下回る14歳以上にこの罰則規定が適用されますので、中学生二年生以上方も、自転車に乗る時にはいっそうの注意が必要になりました。


危険を生じさせる違反・14項目 〜

 1 信号無視  8 交差点優先車妨害等
 2 通行禁止違反  9 環状交差点の安全進行義務違反
 3 歩行者用道路徐行違反  10 指定場所一時不停止等
 4 通行区分違反  11 歩道通行時の通行方法違反
 5 路側帯通行時の歩行者通行妨害  12 ブレーキ不良自転車運転
 6 遮断踏切立入り  13 酒酔い運転
 7 交差点安全進行義務違反等  14 安全運転義務違反

この中で、「信号無視」「遮断踏切立入り」「酒酔い運転」は意味を考えるまでもなく理解できます。
また「通行禁止違反」「通行区分違反」「指定場所一時不停止等」については、該当の場所に道路標識がありますので、免許をお持ちの方は理解できることだと思います。
その他の、「歩行者用道路徐行違反」「路側帯通行時の歩行者通行妨害」「交差点安全進行義務違反等」「交差点優先車妨害等」「歩道通行時の通行方法違反」といったものは、安全運転を心がければ『常識』として相互の思いやりで回避できる違反といえます。


実はたぶんこれが一番難しい… 〜

【環状交差点】 出典:警視庁WEBより

挙げなかったものが3つありました。

「環状交差点の安全進行義務違反」

「ブレーキ不良自転車運転」

「安全運転義務違反」です。

この中で「環状交差点」というのは都内ではまだ普及していませんが、将来的には交通渋滞の解消策として増えていくと思います。

「ブレーキ不良自転車」というのは、『(挟むような構造的な)ブレーキ装置を持たない自転車』を意味し、こぐ脚を止めれば車輪の回転も止まる「ノーブレーキピスト」と呼ばれるトラック(競輪)で使われるタイプの自転車を街乗りで使うと、違反の対象になります。

・・・ここまでは、具体例をあげて説明ができるのですが、「具体的にXXXな事」では説明しきれないのが、「安全運転義務違反」です。
例えば、先ほどのスマホを見ながら・聴きながらの自転車の運転が該当しますが、意味としては『自転車側の過失によって人身事故が起きたような場合』に適用されると思ってください。
これらの違反が2回以上繰り返された違反者(14歳以上)には、『自転車運転者講習の受講命令』が出され、3カ月以内に5700円を払って3時間の講習(!)を受けなければなりません。
受講しない人には、5万円以下の罰金が課されます。


しかし!!!!
講習受講よりも、一人一人の安全意識が啓蒙されることが先決であることは、言うまでもないことです。