#072 2015年4月 空模様がおかしい

 

空模様がおかしい? 〜

今年もお天道様はやってくれました…。

東京の桜も満開になった新しい門出の4月というのに、前日予報で「最低気温3度、最高気温7度」という天気予報のもと、まさかまさかの雪!!

たしか数年前にもこんなこと(桜開花の後に降雪)がありましたが、ちょっと想定外の寒さでしたね。あの年の夏がどうだったか忘れてしまいましたが、俗に寒い冬の年は暑い夏になるとも言います。


今月のテーマの「空模様」といっても、異常気象に代表されるようなお天気の話ではなくて、今回は飛行機の話です。

最近に起こった事故が話のきっかけなのですが…

今年の2月4日11時ごろに、台湾の台北松山空港を離陸したトランスアジア航空(復興航空)235便(GE235便)の旅客機が、離陸直後に川へと墜落した事故がありました。
その模様は、高速道路を横切ってタクシーにぶつかりながら落ちていう様子が、テレビのニュースでも報道されたので、まだ記憶に新しいところと思います。
この事故は、離陸直後にエンジンに故障が起き(事故機は左右に一つずつのプロペラエンジンがついていました)、推進力が得られないまま失速して墜落したものと言われています。

この一年を振り返っても、マレーシア航空(インド洋とウクライナで撃墜の2件)、先日のジャーマンウィングス(ドイツLCC)と、数件の航空事故が起きてしまいました。


航空事故って 〜

すべての乗り物には、多かれ少なかれ「事故」を起こす(あるいは事故にあう)確率があります。
それはベビーカーであっても、宇宙ロケットであっても、「人がなにかの機械(道具)に乗った時から、事故は起こる」ものとして意識されてなくてはなりません。

そして実際に事故にあった時に、地に足がついていない航空機の場合、一度の事故での死亡者数が多くなるため、重大な災害になります。

そのために、いかにして安全性を確保するかということについては、国内の法律だけでなく、世界で取り決めた安全を守るための法律や規則で運行される、ということが大前提になっています。

それは日本の国内で、道路交通法という法律の下で、自動車を運転することと同じで、「信号を守る」「スピードを守る」といったことを前提としているからこそ、自動車も歩行者も安全に通行できていることと同じといえます。

それでも交通事故が起きるのと同じに、どんなに厳しい規則の下に細心の注意を払って航空機を操縦しても、「人がなにかの機械(道具)に乗った時から、事故は起こる」ということは避けられません。


フェイルセーフという考え方 〜

航空機は安全な乗り物だと、よく言われます。

乗り物も含めて機械(道具)というものは、誰も口に出して言いませんが、「壊れる」ということを前提に使っています。
家でも、自動車でも、100年後も1000年後も今日と同じ機能と性能であり続けるとは、誰も思っていません。

しかし壊れるときには、より被害が大きくならない方向に壊れるべきであるのは、言うまでもありません。

たとえば自動車のエンジンが壊れるときに、制御不能な高回転に回って壊れるより、故障した時に燃料をカットしてエンジンが止まる仕組みになっていれば、人間が管理することができます。

そして安全装置のための安全装置が付け加えられれば、さらにその機械に万一故障が発生しても、それを避けるだけの安全(装置)を機能させるというのが「フェイルセーフ」の基本的な考え方になります。


それでも避けられないで起きる事故 〜

1985年8月12日、誰もが忘れられないJAL123便が群馬県の御巣鷹山に墜落したあの事故が起きた日です。

世界で一番安全な旅客機と言われたジャンボ(ボーイング747型機)が墜落したのは、以前の修理が不完全で、客室内で与圧した空気が一気に垂直尾翼に抜けて、それが尾翼を壊して操縦不能にしたというのが、今日では定説です。

フェイルセーフの考え方に基づけば、航空機事故の最悪の結末は墜落を起こすということです。
その手前にある、操縦不能になるということは、「絶対に」起きてはなりません。
それではなぜジャンボは墜ちたのでしょう?

飛行機は前にしか進まないため、操縦は「左右」か「上下」に行うことになります。
これを直接的に操縦するには、「左右=垂直尾翼(縦方向の尾翼)」と「上下=水平尾翼(横方向の尾翼)」の操作になり、この大きな部品を動かすために、主翼(前の大きな翼)についたエンジンの出力を利用して「油で押し戻しする力=油圧」を利用します。

ジャンボには4つのエンジンがあり、4本のパイプがお互いに距離を置いてこれらの尾翼につながっています。
仮に3本のパイプに次々に損傷が起きても、1本残されていれば操縦を続けられるからです。
これがジャンボ機のフェイルセーフ構造であり、十分なはずでした。

しかしこの日のこの飛行機の不運は、その離れているはずのパイプが、飛行機の終端部に集まったところで被害が出たために、すべてが破壊され操縦不能に陥ったことでした。

このように、万全を期した機械にも、落とし穴は口をあけています。

そして、それを操作するのが「ヒト」であれば、少しの思い違いが重大な事故につながることも、私たちは忘れてはなりません。