#058 2014年2月 昨年話題の2本の映画

 

 昨年話題の2本の映画 〜

昨年の夏に公開になった、スタジオジブリの「風立ちぬ」。そして暮れに公開になった「永遠の0(ゼロ)」。

ともに第二次世界大戦(太平洋戦争)に前後した時代であり、共通したテーマは旧日本海軍の主力戦闘機「ゼロ戦」であったことは皆さんもよくご存じのことと思います。

 

「風立ちぬ」は、ゼロ戦開発の航空技術者である堀越二郎氏をモデルとした、「ゼロ戦が飛行機として作られるまでの過程」を描いたアニメーション作品であり、「永遠の0」は、V6の岡田准一さんを主役に据えたVFX(Visual Effects)を多用した実写映画で、「ゼロ戦が実際に使われた結末」を描いた作品になります。

 

実はこの両作品よりはるか以前に、柳田邦男氏の「零式戦闘機」という本を読んでおり、いままた改めてこの「零式戦闘機(ゼロ戦)」というものを調べなおしてみました。

ご興味のある方は、「風立ちぬ」に相当する部分がこの「零式戦闘機」、「永遠の0」と同時代になるのが同じ柳田邦男氏の「零戦燃ゆ」になります。

この「零戦燃ゆ」は1983年に東宝にて、柳田邦男氏原作ということで、同名でやはり映画化されていますが、原作は史実に基づいたノンフィクションですが、映画のほうは恋愛や友情といったストーリーが入ってきており、個人的には原作の臨場感をもう少し感じられたらなぁ…
という仕上がりでした。

 

いずれも現在は文春文庫から発売になっています。


 零式艦上戦闘機=「零戦」 の誕生まで 〜

日本海軍にこの戦闘機が制式採用となった昭和15年(1940年)が皇紀2600年に当たるため、「零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)」と名付けられたのが零戦の正しい名称となります。

この4年前に制式採用となった「九六式艦上戦闘機」を、世界情勢からみてさらに上回る
開発要求のもとに作られたのが零戦になります。


この九六式艦戦は脚は格納できず、少し古めかしい印象もありますが、まだ複葉機(二枚羽)
の戦闘機が使われていた時代においては、飛躍的に性能を上げた戦闘機でしたが、海軍の要求は、それをさらに上回る性能を零戦に求めたといえます。


 堀越二郎氏という航空技術者 〜

この九六式艦戦は海軍から試作指示が出されたのが昭和9年であったため、「九試単座戦闘機(九試単戦)」として当時の三菱航空機と中島航空機がその試作に当たりました。

採用になったのは三菱製の試作機で、この時に設計主務者だったのが、後に零戦の設計をすることになる堀越二郎氏でした(映画「風立ちぬ」のモデルになった人物です)。

 

東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業したこの技術者は、九六式艦戦を設計した時は若干30歳の若さでした。

この時に盛り込まれた工夫が、空気抵抗を減らすために鋲の頭が外側に出ない工夫と、空中での戦闘性能(空戦性能)を上げるために翼(主翼)の両端を「ねじり下げる」という工夫で、これはのちの零戦にも生かされています。

高速性能を求めたこの九六式艦戦は、昭和12年から始まった日中戦争で活躍し、大きな戦果を収めました。

 

この風雲急を告げる昭和12年に、試作指示が出されたのが、空母からの発着もできるような戦闘機(艦上戦闘機)としての「十二試艦上戦闘機(十二試艦戦)」で、制式採用となった時の呼び方が「零式艦上戦闘機」になります。

 

飛躍的な進化をさせた九六式艦戦に更なる上積みが要求された十二試艦戦は、その実績から三菱航空機の単社指定となり、軽量化のために1g単位での重量管理、引込脚の採用、より強靭な戦闘能力(20o機銃の装備)などの様々な難題をクリアし、第二次世界大戦中の名機と言われるまでになりました。


 日本とアメリカの開発思想の違い 〜

昭和15年に中国戦線に投入された零戦は、類まれな性能で向かうところ敵なしで、日米開戦を迎えます。

真珠湾攻撃には多数の零戦が参戦し、大きな戦果をあげました。この零戦の活躍はマリアナ・フィリピン戦線でも続き、有名なラバウル航空隊へと引き継がれていきます。

 

しかしこの零戦の活躍は、アメリカにもまた新型戦闘機の開発を急がせました。

当時のアメリカ海軍の主力戦闘機はF4Fワイルドキャットという戦闘機でしたが、より上の性能をめざし、零戦を駆逐するためにF6Fベアキャットが開発されました。

日本には馬力の出るエンジンの開発がネックになったため、その性能を求めるために、機体の軽量化や様々な工夫で空戦性能(格闘戦)を求めたのに対し、アメリカは上空からの急降下で一撃必殺を狙うという戦法を重視しました。

 

また「攻撃が最大の防御」という格闘戦を重視した考えの裏側で、軽量化のために操縦員を守る鋼板を薄くせざるを得なかったのに対し、操縦員の育成にかかる時間を重視するアメリカは、打ち抜かれない鋼板を開発し、機体が重くなってもエンジンの馬力でカバーするという思想を重視しました。

 

最後は特攻隊で使わざるを得なくなった零戦は、堀越氏の夢を乗せながら、悲しい末路をたどった悲運の名機とも言えます。