#019 2010年8月 急遽「熱中症」に関して再掲載

 

 急遽「熱中症」に関して再掲載です!! 〜

この異常な暑さの中で、とうとうこの7月には熱中症で救急搬送された方が、全国で1万7000人を超えたという報道がありました。

2009年7月でも掲載しましたが、熱中症予防について大事なポイントをあらためてご紹介させていただきます。


熱中症にかかりやすい条件 〜

  • 暑熱障害にかかりやすい人

  • 体力の弱い人(新入生や新人)

  • 肥満の人

  • 体調不良の人

  • 暑さになれていない人

  • 風邪などで発熱している人

  • 怪我や故障をしている人

  • 暑熱障害になったことがある人

  • 性格的に、我慢強い、まじめ、引っ込み思案な人

などが挙げられます。

そして、次のような人は注意が必要です。

  • 高齢者

  • 心疾患(冠状動脈疾患など)

  • 高血圧

  • アルコール中毒

  • 糖尿病

  • 薬物や汗腺障害などの発汗機能の低下者

また次のような気象・環境・活動条件の下では、熱中症が起こりやすくなってきます。

  • 前の日に比べ、急激に気温が上がった日

  • 梅雨明けをしたばかりの時期

  • 気温は高くないが、湿度の高い日

  • 活動場所が、アスファルトなどの人工面で覆われているところや草 が生えていない地面、砂の上など

  • 普段の生活場所とは異なった場所

  • 休み明け、練習の初日

  • (スポーツなどの)練習が連日続いた時の最終日前後


熱中症予防8か条 〜 (日本体育協会発表)

  1. 知って防ごう熱中症

  2. 暑いとき、無理な運動は事故のもと

  3. 急な暑さは要注意

  4. 失った水と塩分を取り戻そう

  5. 体重で知ろう健康と汗の量

  6. 薄着ルックでさわやかに

  7. 体調不良は事故のもと

  8. あわてるな、されど急ごう救急処置